愛車を査定して高値買い取り

愛車を手放すなら高く売りたいのは本音ですが、どういう風に売れば良いのかを解説しています。

12月
01
2014

レックスの買取相場

レックスの買取相場は、5~45万円くらいです。
平均価格は36.1万円~39.1万円で、やや値上がり傾向にあります。
中古車台数は4台~6台、平均走行距離は4.9万km~6.8万kmで推移しています。
レックスの買取相場をみるとよくわかりますが、かなり安く手に入るので、走れば何でもよいという人や、シンプルなデザインが好きな人におすすめです。
レックスは満足できる車で、購入して損はなく、走りも街乗りなら充分です。
前任者のスバル360や後継のヴィヴィオに比べると、平凡なイメージのクルマですが、スーパーチャジャーのすばらしい加速とアクセル全開でのスピードコントロールが可能なところがこの車の魅力で、峠などでもパワーを存分に活かしきることができます。
レックッスは、スズキやダイハツには及びませんでしたが、シンプルな構成がユーザーに受け、高く評価されました。
ユーザーへの一定の需要を確保し続けたことで、スバルの経営に大きく貢献しました。
360cc規格なので取り回しが楽で市街地では最強と錯覚するぐらいなので、レックスの買取相場は、比較的安定しています。
下取りが高く売れない理由はここ

9月
13
2014

電子制御式自動変速機の進化<ハイブリッドカーの現状>

自動車は止まっているところから加速をする時、一番燃料効率が悪いそうです。少しでも車体が動いてくれれば、あとは慣性力を利用してエンジンにつなげることによって、さほど燃料を喰わずとも加速を継続していくことができるのです。止まった物体を動かすのに最適なのはモーター動力なのです。モーターは一定の電気を流してあげればすぐにトップスピードで回転しますので、動きだしは非常に速くなるということです。
 こうした理論を聞かされれば、どんな人でも「走り出しをモーターでやって、加速したらエンジンで動かせばいいんじゃん」と思いつくでしょうが、問題はどうやってモーターからエンジン動力に切り替えるか?ということです。運転している人が手動でいちいち切り替えるとなればハイブリッドカーは普及しません。そこで「電子制御式自動変速機」というものを開発することになったのです。
 コンピュータでスピードが20㎞/Hrまではモーター、それ以上になったらエンジンをスタートさせてエンジンの力で走る、という制御をさせるのです。車軸にモーターがつながっていた物を、あるスピードを超えると自動的にギヤをシフトしてエンジンとつなげるということです。この技術を解決しないことにはハイブリッドカーは存在しません。ハイブリッドカーに必要なパーツである、発電機、インバータ、モーターなどは各自動車メーカーに大きな差はないようですが、この電子制御式自動変速機だけは各社技術競争が激しい分野のようです。
車売る

4月
11
2014

車査定をして車を買取ってもらう

自分が今まで大切に乗ってきた愛車を手放すときがやってきたとき、おすすめなのは中古車買取専門店を利用することです。
中古車買取専門店は、全国各地に存在しています。
昔の場合は、個人経営しているような店舗を多くみかけたわけですが、今の時代ですと、大手でチェーン展開しているような店舗が増加してます。
特に主要な都市にはこうしたお店がとてもたくさんあり、よく見かけるようになりました。

専門店では、査定士によって車を査定してもらい、その結果が金額につながってきます。
そこで納得のいく価格を提示してもらうことができれば、契約を交わし、現金を受け取り、車を手放すことになります。
もし、納得がいかなかった場合には、契約をせず、また別の中古車買取専門店に依頼をして、車査定を行ってもらうと良いです。
最近ではインターネットでの見積もりも可能になっており、店舗まで出向かなくても簡単に見積を揃えることができるようになりました。
こうした見積もりサイトや口コミを利用して、大切な車をより高い値段で車を売れるようにしましょう。
これによって、新車の購入金額を抑えることができれば、浮いたおかげでちょっとした贅沢もできるようになります。

2月
03
2014

エコカー買い替えシュミレーション

さまざまなメーカーがエコカーを発表し、エコカーブームが高まっている今。
エコカーのCMをテレビで見ない日はありませんよね。
自分の車をエコカーに買い替えようかな、と考えている人も多いのではないでしょうか。
エコカーに買い換えるときには、エコカー買い替えシュミレーションを行いましょう。
エコカーの魅力はなんといっても、ランニングコストが抑えられることです。
燃費がいいのはもちろんのこと、車に関する税金も安くなるので、普通の自動車と比べ、格段にランニングコストが抑えられる場合が多いようです。
場合によっては、補助金が支給されるケースや地域もありますので、それも調べてみましょう。
どれくらい抑えられるのか、ぜひエコカー買い替えシュミレーションをしてみてください。
エコカーの種類により、かかるランニングコストも変わってきますので、自分の生活により合ったものを、選んでみましょう。
毎日の生活に欠かせない車。
少しでも環境にやさしく、ランニングコストが安いほうがいいですよね。
そんな人はぜひ、エコカー買い替えシュミレーションを行い、エコカーへの買い替えを検討してみてください。

12月
01
2013

必要な書類

車を売却する場合、実際の引き渡しに加えて、名義変更の手続きに備えて書類の準備をしなくてはなりません。
契約の際に必要な書類は普通自動車と軽自動車で少し違います。

普通自動車の場合は、自動車検査証・印鑑登録証明書(発効後・1か月以内のものを2通)・自賠責保険証明書・自動車納税証明書・実印・銀行等の振込口座・自動車リサイクル券・委任状・譲渡証明書などです。
なお、ディーラーや買取専門店で売却する場合は、委任状と譲渡証明書は店の方で作成してくれます。

軽自動車の場合は、自賠責保険証明書・自動車検査証・軽自動車納税証明書・印鑑(認印でもOK)・銀行等の振込口座・自動車リサイクル券・自動車検査証記入証明書などです。

書類を渡す前に、自動車検査証と印鑑登録証明書の氏名と住所が一致しているかを確認します。
転居などで一致していない場合には住民票を、婚姻などで氏が変わった場合は戸籍謄本を用意する必要があります。
次に、書類を紛失した場合の対処について説明します。
自動車検査証は陸運局で再発行が可能です(申請書類代と手数料がかかります)。
自賠責保険証は保険会社にて無料で再発行が可能です(本人確認のできるものを持参してください)。
納税証明書は都道府県税事務所にて無料で再発行可能です。
リサイクル券はインターネットでも取得可能ですし、陸運局にて無料で発行可能です。

個人売買の場合はすべて自分たちで準備しなくてはなりません。
売り手と買い手の双方が協力して、どんな書類が必要かをよく調べておくとよいでしょう。

Powered by WordPress